JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




新着情報

2017.10.13 更新

JA岡山西・肥料メーカーと開発 生産コスト削減に一役 オリジナル肥料


ポイント

●メーカーと協力してコストダウンを実現
●ペレット状で播きやすく、長効きする
●有機質にこだわった成分
●高齢者や女性にも持ち運びやすい重量

オリジナル肥料

JA岡山西では、農協改革に対応し「創造的自己改革」に取り組んでいます。その一環として、農業生産資材のコスト削減に向けメーカーと共同で、野菜用のJA岡山西オリジナル肥料「やさいの肥料」を開発しました。

「やさいの肥料」は、動植物由来の良質な有機を主体に化学肥料を組み合わせ、ペレット状にしたもので、窒素10%、リン酸8%、カリウム8%、有機質含量51%の肥料です。また、この肥料は、速効性の化成肥料も入っていますので、果菜類はもちろん葉菜類、根菜類など幅広い野菜の元肥、追肥としても使えます。

有機質は土の中の微生物に分解されてから植物に吸収されるので、肥料の効き目がゆっくりと現れ、効果が持続するのが特徴です。このため栽培期間中の施肥回数が減らせるとともに、コスト削減が期待できます。また、共同開発したメーカーの工場が近隣にあることから、引取り運賃も削減され、20kg換算した価格は、従来品と比べて約400円安く提供できます。

さらに、これまで20kg入りが主流だった製品重量を5kg軽くして、高齢者や女性にも持ち運びやすく、また、ペレット状なので散布しやすく、取り扱いやすい製品となっています。

「やさいの肥料」は、コスト削減を実現しながら成分にもこだわった肥料です。高齢者・女性の方にも使いやすいので、圃場だけでなく家庭菜園など、様々な用途にお使いください。


◆試験結果は…◆

露地ナス生産者 浅井 雅実さん

浅井 雅実さん

一年を通して試験的に「やさいの肥料」を使用しました。

今まで使用していた肥料より、有機質肥料は効きが良く、低コストに抑えられると感じました。

ナスの葉数は「やさいの肥料」の方が多く、葉長は慣行肥料の方が大きくなりました。

それぞれに若干差が見られましたが、品質・収量は同様なので、次年度は慣行肥料と「やさいの肥料」をブレンドしたものを使用し、コスト削減に挑戦したいと思います。

営農指導担当 橋本 忠幸

橋本 忠幸

平成28年9月に「やさいの肥料」の試作品を使い、ハウス栽培の春菊に元肥として1a当たり10kg施用し栽培をしてもらった結果、従来使用していた有機質肥料と比較しても、生育、品質とも問題なく、追肥を一度も行うことなく栽培を終了することが出来ました。

また、3月中旬定植のハウストマトに春菊と同様に元肥として施用した結果も、追肥することなく7月末まで収穫することが出来ました。

※土壌分析の結果を勘案し、標準施用量より少なくしています。


職員から説明を聞く秋山さん(左)

職員から説明を聞く秋山さん(左)

当JA管内の農産資材店では9月20日から24日まで『園芸ミニセール』を開催し、オリジナル肥料「やさいの肥料」の販売を始めました。

会場では、職員がメリットや効果などを説明し、多くの来店者の注目を集めていました。

購入した秋山浩一さんは「以前から20kgの『野菜いちばん』を使っていた。オリジナル肥料が新発売と聞いたので、ぜひ使ってみたい。重量も軽くて扱いやすいのがいい。」と話していました。


◆肥料取り扱い店舗◆

のぼり

【くらしき東管内】
・粒江支店    ・菅生支店購買店舗
・中庄支店    ・帯江支店
・豊洲支店    ・藤戸支店
・庄支店     ・茶屋町支店
・早島町支店   ・児島支店
・くらしき東アグリセンター

【倉敷西管内】
・船穂支店購買店舗 ・玉島支店購買店舗
・メルカート資材館 ・金光支店購買店舗
・鴨方支店購買店舗 ・里庄支店購買
・寄島支店

【吉備路管内】
・東部農産資材の店  ・総社東支店
・西部農産資材の店  ・昭和支店
・マキビ農産資材の店 ・清音支店

【西部管内】
・井原西支店    ・井原東支店
・井原北支店    ・美星支店購買
・芳井支店購買   ・井原農産資材の店
・西部アグリセンター



このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.