JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




レシピ

かんぴょうのボンゴレ風

かんぴょうのボンゴレ風

材料

■ 4人分

かんぴょう80g
アサリ(殻つき)400g
白ワイン大さじ2
菜の花1パック
玉ネギ小1個
ニンニクふたかけ
鷹の爪少々
オリーブオイル大さじ3
食塩小さじ4/5

作り方

  1. かんぴょうは10cmほどに切り、塩(分量外)を振りかけて柔らかくなるまで手でもむ。
  2. 塩を洗い流して10分ほど水煮つけ戻し、たっぷりの湯で好みの固さにゆでる。
  3. アサリは砂出しをし、殻をこすり合わせて洗い鍋に入れる。白ワインを加えて火にかけ、口が開いたら火を止める。飾り用にいくつか残して実をはずす。汁は取っておく。
  4. ニンニクと玉ネギはスライスし、菜の花は塩ゆでして食べやすい大きさに切る。鷹の爪は種を取って輪切りにする。
  5. フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れて火にかける。ニンニクの香りが出てきたら、玉ネギと水気を絞ったかんぴょうを加えて炒める。
  6. アサリのむき身と汁、菜の花を入れてさっくりと混ぜ、塩コショウで味を調える。
  7. 器に盛り、殻つきのアサリを飾る。

倉敷生活習慣病センター 管理栄養士 小見山 百絵
(広報誌「なごみ」2011年3月号掲載)


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.