JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2013.09.13 更新

果樹次世代フルーツを栽培してみませんか


今、岡山県では、モモで「おかやま夢白桃」、ブドウで「オーロラブラック」、「シャインマスカット」、「紫苑」の4品種を次世代フルーツとして、推進しています。

この4品種は岡山県で早くから栽培されている品種に、勝るとも劣らない内容であり、現時点では将来性も高く、消費者に好まれる品種であり、県内各地で、栽培方法の確立のために、展示圃が設置され、研修会や品質の高位平準化を目標に品評会も数年前から開催されて来ました。

●モモ

おかやま夢白桃は、主要品種として定着しつつあるが、更なる推進が必要である。また、既に植栽された木は生産樹齢の成木になりつつあるが、品種特性が不十分な場面もあり、おかやま夢白桃を主要品種として定着させる為には、栽培技術の習得により、高品質安定生産が求められている。また、収穫時期が清水白桃の収穫最盛期には始まるので、経営を取り組む上で、品種構成を検討して取り組んで下さい。

【おかやま夢白桃の品種特性】
写真
  • 花粉が無く、授粉(交配)が必要。
  • 成熟期は、JA岡山西管内では、7月下旬からで、清水白桃の収穫最盛期には収穫期を迎える。
  • 果実重は約340gと大玉、糖度は14度、酸味は弱〜中で食味良好。
  • 核割れは清水白桃より少なく、生理落果も少ない。

当事の岡山県農業試験場で、うー9(白桃×布目早生)×山根白桃の交配により育成された品種で、清水白桃の後半には収穫が始まります。

●ブドウ

オーロラブラックは、ピオーネのような大粒、種無し、高糖度で食べやすく、結実良好で栽培しやすい品種を目指して、岡山県農業試験場がオーロラレッド(呼称)の自然交配から育成した県オリジナル品種です。

【オーロラブラックの品種特性】
  • 果粒は14〜17gと大きく、糖度17〜18度と食味良好。
  • 果皮色は紫黒色でピオーネより着色しやすい。
  • 肉質は良く締まっており脱粒しにくく、ジベレリン処理による無核化が可能。
  • 成熟期は8月中旬〜9月上旬で、ピオーネよりやや早いので、8月の盆前出荷が生産地により可能。

シャインマスカットは、全国の主要な果樹産地において優良品種として導入が進んでおり、激化する産地間競争を勝ち抜くために、消費者ニーズに合った品種として岡山県においても導入しています。

【シャインマスカットの品種特性】
写真
  • 果粒は大きく、肉が締まり、マスカット香があって、糖度も高く食味が良い。
  • 果皮色は緑〜黄緑色で、果粉は少ない。
  • 皮離れは悪いが、果皮は薄くそのまま食べることができる。
  • 成熟期(無核栽培)は県南部の簡易被覆で9月上旬〜中旬である。
  • 樹勢は非常に強く葉が大きく、副梢管理に労力を要する。

来歴は、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が、安芸津21号(スチューベン×マスカット・オブ・アレキサンドリア)と白南(カッタ・クルガン×甲斐路)交配から育成し、2006年に品種登録されました。

紫苑は、岡山県に古くから栽培されていた、グロー・コールマンに代わる品種として、色々の試作品種の中から選抜して、栽培が始まりました。

栽培の要点としては、施設栽培(サイドレスハウス以上)前提として、ジベレリン処理により無核栽培を行うことと、樹の拡大を急がないこと(樹の拡大が早すぎると、地下部の発育が追いつかず、生育や品質が不安定となる)です。

【紫苑の品種特性】
写真
  • 果粒はジベレリン処理により12〜14gの長楕円形になる。
  • 果皮色は紫紅色、糖度は18〜20度に達する。
  • 肉質はやや軟らかく、多汁で食味が良い。
  • 果皮強度は強く、裂果は少ない。
  • ガラス室においても着色しやすいが、被覆資材の光線透過率が低いと着色が劣ることがある。

来歴は、山梨県の農業生産法人(株)植原葡萄研究所が紅三尺に赤嶺を交配して作出した欧州系の2倍体品種であり、品種登録はされていません。

JA岡山西管内には、次世代フルーツのモモやブドウを栽培している生産組合(部会)は、モモが9組織、ブドウが14組織あり、生産・出荷していますので、これから次世代フルーツを含めて、栽培を始めようとされる組合員の方は、出荷体制に合わせて品種を選択して下さい。

JA・生産組織・農業普及指導センターでバックアップしますので、お気軽に相談・問い合わせ下さい。

営農部 河田 義一
広報誌「なごみ」2013年9月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.