JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2013.01.15 更新

園芸春まき草花のタネまき


春まきの草花の特性

春まき草花を大まかに分類すると、やや高温を好むものと、やや適温が低い草花とに分類されます(表1)。

タネまきの適期

生育適温によってタネをまく時期が若干異なります。表1のⅡグループは20℃前後が発芽適温で、ソメイヨシノの満開時から散り始めの頃(4月中下旬)が目安となります。Ⅰグループは発芽適温が25℃前後で、ゴールデンウイーク明け(5月上中旬)が適期となります。

表1 春まき草花の特性分類

Ⅰグループ:生育適温
20〜25℃以上の草花
Ⅱグループ:生育適温
15〜25℃の草花
アサガオ、カンナ、ケイトウ、コリウス、センニチコウ、ニチニチソウ(ビンカ)、マツバボタン(ヒデリソウ、ポーチュラカ)、メランポディウムなど アスター、アゲラタム、インパチェンス、キバナコスモス、コスモス、サルビア、ナスタチウム(キンレンカ)、ニーレンベルギア、ヒマワリ、ヒャクニチソウ(ジニア)、ベゴニア、ペチュニア、マリーゴールドなど

タネまき容器と用土

タネの大きさや特性(好光性・嫌光性、直まきに向くなど)にあわせてまきます(表2)。

○大きなタネ

大きなタネを少量まくにはポリポットが手軽です。大量にまく場合は育苗箱が便利です。花壇に直接まく(直まき)こともできます。

○中くらいのタネ

中粒のタネはセルトレイ(仕切りの入ったトレイ)にまくと鉢上げに簡便で、活着も良好となります。セルトレイは育苗穴の数(仕切りの大きさ)によって数種類ありますが、通常は128穴のトレイが使われています。また、育苗箱にすじまきして、ポットに鉢上げするのも良いでしょう。

○小さなタネ

微細種子と呼ばれ、一般には平鉢にまきます。種子が少量の時はピートバンやジフィーセブンを利用するとよいでしょう。

表2 種子の大きさ

大きなタネ
(10ml当たり1万粒以上)
中くらいのタネ
(10ml当たり1万〜1000粒)
小さなタネ
(10ml当たり1000粒以下)
アサガオ、カンナ、キバナコスモス、コスモス、ナスタチウム、ヒマワリ、ヒャクニチソウ、マリーゴールド、メランポディウムなど アスター、サルビア、センニチコウ、ニチニチソウなど アゲラタム、インパチェンス、コリウス、ニーレンベルギア(ギンペイソウ)、ベゴニア、ペチュニア、マツバボタンなど
◎タネまき用土

「タキイたねまき培土」、「与作N─150」などタネまき専用培土を用います。

タネまきの方法(図1)

草花の中には、移植を嫌う草花もあります。クレオメ(スイチョウカ)は花壇に直接まきましょう。

図1 タネのまき方

覆土

タネには発芽に光を必要とするもの(好光性)と必要としないもの(嫌光性)があります。好光性種子(アゲラタム・インパチェンス・コリウス・ベゴニア・ペチュニアなど)は基本的には覆土を行いません。覆土は、タネまき用土を用いてもかまいません。

かん水

一般的にはジョウロで水圧を軽めに水やりをします。微細なタネは底面から吸水させます。播種後は、新聞紙をかぶせた後、温かい場所で育苗します。霜の恐れのある場合は夜間にトンネルをかけます。

発芽時の管理

発芽後は新聞紙を取り除きます。取り除く時期が遅れると、苗が徒長して、腰折れ苗となりやすく立枯れの原因となります。発芽初期に土が乾く場合は、できる限り底面吸水させます。

ポット上げ

育苗箱やセルトレイにタネまきした場合、本葉2〜3枚程度で9cm程度のポリポットに鉢上げします。ポットの用土は「タキイ育苗培土」や「愛菜2号」などを用います。浅植えすることが大切です。

花壇準備

石灰肥料の「セルカ」を10平方メートルに2kg程度施用し、土壌pHを6〜6.5に調整します。10平方メートル当たり完熟堆肥0.5袋、腐葉土1袋を散布した後、深く耕します。数日後に、基肥として有機肥料「園芸887号」などを10平方メートル当たり1㎏程度施用します。

プランターに植え付ける場合、用土は「花と野菜の土」4:赤玉土4:腐葉土2程度に混合した土を使うとよいでしょう。

病害虫防除

育苗時や生育初期の立枯病には「リゾレックス水和剤500〜1000倍液」を土壌に灌注します。害虫には「オルトラン粒剤」の株元散布をしておきましょう。

植付け後の管理

花が順次咲き終わると、こまめに花がら摘みをします。さらに、「トミー液肥」などの300〜500倍液を10平方メートル当たり20〜30リットル ジョウロで水やりを兼ねてやりましょう。

営農部 土師 利和
広報誌「なごみ」2013年1月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.