JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2012.03.15 更新

水稲水稲の育苗について

 

23年産水稲の作柄については「なごみ12月号」のアグリアドバイスで述べているところですが、天候等の要因により品質は品種によりやや下回るものも見られています。

ヒノヒカリについては登熟期の高温障害を避けるためにも、昨年提唱した遅植(6月20日頃を目標)に留意のうえ、播種時期等を定めて頂ければと思います。

昔から「苗半作」と言われていますように、いかに健苗を育成し植付けするかが大切なこととなります。

1.種子準備

(1)播種量

種籾(kg/10)は稚苗4kg、中苗3kg、ポット成苗2.6kg位が必要です。

種籾は病気や品種の特性などを考慮すると少なくとも3年に一度の種子更新に努めましょう。

(2)比重選

充実した籾は発芽、発根がよく病気にもかかりにくい健全な苗を育てる必要条件の一つです。そのため比重選(塩水選)を行います。

使用する食塩(又は硫安)の量は(表1)のとおりです。

比重選後は必ず水洗いしましょう。

(3)種子消毒

消毒液は種籾5kgに対し10リットルを用意、24時間浸漬(1〜2回撹拌)した後、昼夜干しとします(水洗いしないこと)。

薬液は水10リットルにスミチオン乳剤10ミリリットル(1000倍液)とテクリードCフロアブル50ミリリットル(200倍液)により行います。

また、薬剤を使わない方法として温湯消毒があります。

表1 水10リットル当り食塩・硫安の量(kg)

区分 うるち もち
有芒 無芒 有芒 無芒
比重 1.11 1.14 1.09 1.11
食塩 1.69 2.25 1.32 1.69
硫安 2.23 3.06 1.67 2.23
◇温湯消毒とその効果◇

乾燥した種籾を60℃の温湯に10分間浸漬した後、冷水に約5分間浸して消毒します。期待される防除効果は次の通りです。

○菌類…ばか苗病、ごま葉枯病、いもち病、苗立枯病

○バクテリア…褐条病、籾枯れ細菌病

○害虫…心枯線虫病(イネシンガレセンチュウ)

(4)浸種

水温10℃位で3〜4日間(ヒノヒカリは4〜5日間)程度行います。途中、1日1回は水の入替を静かに行います。水の量は種籾の約2倍くらいがいいでしょう。

(5)催芽

播種後の発芽を揃えるため30〜32℃で行います。育苗機、催芽機で約20時間、風呂の場合で一晩程度(約20時間)浸し、籾が芽を切るか切らないかの状況=「ハト胸状態」になるまで実施します。


2.播種から育苗

(1)播種(表2)

薄く均一に播きますが、育苗様式に伴い播種量を定めます。厚播になると苗が徒長し軟弱となり、病害虫の被害を受けやすくなります。

表2 苗の育苗様式と必用な資材等(10a当り)

育苗様式 稚苗 中苗 ポット成苗
育苗土名 グリーンソイル・宇部倍土・なえじまん 宇部倍土・なえじまん
必要量 4袋 3袋 4袋
種子量 (乾籾重)4kg 3kg 2.6kg
育苗箱数 16~18箱 22~26箱 35~40箱
播種量
1箱当催芽籾
140~160g
1.4~1.6合
100~110g
1.0~1.1合
50~60g
0.5~0.6合
(2)育苗管理

育苗管理の良否は苗の最も大切な活着力を左右します。適正な温度管理、水管理、施肥などを行い健苗育成に努めましょう。

(3)育苗期間

稚苗15〜20日間、中苗25〜28日間、ポット成苗30〜35日間位となります。

○温度管理(表3)

トンネル育苗は外気温が高いとトンネル内も高温になるので、きめ細やかな管理を行う必要があります。35℃以上になると病害や苗の白化現象などの弊害を招きやすくなります。

表3 育苗期間の適温(℃)

  播種後
日数
稚苗 中苗 危険温度
昼温 夜温 昼温 夜温 低温 高温
出芽期 0~2 30~32 30~32 37~42以上
緑化期 2~4 20~25 15~20 15~25 10~ 5~7以下 35以上
硬化期 4~ 15~22 10~15 15~20 10~ 5以下 35以上
移植期
(播種後日)
15~20日 25~30日  
(4)水管理

水苗代では苗箱が床へ密着していないものや水分過多などにより発芽不揃いのものも多くみられます。

育苗シート被覆は除去するまで、1日に1回は温度状況、水分、出芽状況を観察することが大切です。

種子準備から育苗に関する詳細は組合員皆さまへお配りしています『平成24年産おいしい「お米」の作り方(栽培ごよみ)』も参考にして頂き健苗育成に努めてください。


営農部 本田 隆志
広報誌「なごみ」2012年3月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.