JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2010.07.15 更新

水稲水稲の栽培管理について

 

7月~8月は、早生種のあきたこまちやコシヒカリでは、出穂期~登熟期で、中生種のヒノヒカリや吉備の華・晩生種の朝日やアケボノは、稲の体づくり~穂づくりの時期です

【早生種】

病害虫防除

出穂前後は、病害虫防除の最も重要な時期です。特に、早生種の品質低下の大きな要因は、カメムシによる斑点米です。そのため出穂前後の防除は必ず行ってください。

具体的には、出穂前にホクセット粉剤DLかハスラーS粉剤DLを10a当たり3~4kg散布し、その後7日から10日後に(穂首出揃期)にビームキラップジョーカー粉剤DLを10a当たり4kg散布してください。

一口メモ

ビームキラップジョーカー粉剤のキラップは、吸汁性(カメムシ類)と咀嚼性害虫(イナゴ類)に効果を示し、従来の茎葉散布剤とは作用性が異なり、他の剤で効かない害虫にも効果が期待される。

水管理

穂ばらみ期から出穂期にかけては、浅水を基本に時々落水して根に酸素供給します。その後は間断潅漑を行い、落水は出穂後30日から35日を目安に行いましょう(図1)

図1一般的な水管理体系

【中生・晩生品種】

水管理

7月初めから間断潅漑を行い、根の健全化に努めるとともに、水温が極端に高くならないように管理します(図1)。

中干しの基本は、目標茎数を確保できたら、行います。

中生種では、7月中旬頃、晩生種では、7月下旬が中干し(土用干し)の時期です。また、中干しの強さは、土壌の質によって異なりますが、足跡がつく程度から軽くひび割れが入る程度が目安です

その後は、走水を1~2回行って、湛水状態にします(表1)。

表1 条件別の中干し程度

条件
土性 埴壌土 壌土 砂土・砂壌土
地力 肥沃田 中位田 やせた田
乾湿 湿田 半湿田 乾田
用水量
生育量 過剰 中位 不足
品種草型 長稈・穂重型 中間型 短稈・穂数型
施肥量

そして、後半の重要な水管理として幼穂形成期〜出穂期にかけては、浅水を基本に時々落水して根に酸素供給します。この頃は、常に田を乾かさないように注意します。その後は間断潅漑を行い、落水は出穂後30日から35日を目安に行いましょう。

穂肥

中生種では、一回施肥以外の肥料では、幼穂形成が行われる8月初めが穂肥の時期になります。

アケボノは、8月8日頃、朝日は、8月10日以降を目安とします。

施肥量は、葉色を確認して、葉の色が薄い場合や濃い場合は、施肥例の量を参考に増減します。

病害虫防除

水稲の箱施用剤によって初中期の防除が行われていますが、病害虫の発生が確認されたら、防除を行いましょう。

次に、出穂前後の病害虫防除ですが、水稲の収量や品質の低下に大きく影響しますので、出穂前にハスラーS粉剤DLかホクセット粉剤DLを、10a当たり3〜4kg散布し、出穂後は、ブラシンジョウカー粉剤DLを10a当たり4kg散布して高品質な米に仕上げるように努めましょう。


営農部  酒井 啓
広報誌「なごみ」2011年7月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.