JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2011.02.15 更新

園芸樹木類の植え付け・植え替え

 

春の彼岸頃までは寒い日が続き、まだ春は遠いと感じますが、地面の下では木の根っこがすでに動き始めています。地上部は眠ったままですが、根だけが活発に動き始める2月から4月までが植え付けや植え替え作業の適期となります。さらにこの時期は病菌の活動も鈍く、傷口から病気が侵入することも減少します。

種類によって植え付け時期は異なる

樹木の種類によって耐寒性の強いもの、弱いものがあり、根が動く時期は少しずつ違ってきますので、樹木別の適期表を参考に植え付けを行いましょう。

また、花をつける樹木類は花芽や葉芽ともに固い時期で、花の観賞期よりも早めに植え替えを行うのが基本となります。

さらに、自分の住んでいる場所は、温暖な場所かやや寒い場所かを考慮して、植え替え時期を多少前後させることも必要です。

表1 根の活動に合わせた植え付け・植え替えの適期表

※株立性灌木類は株分けも ※関西地方基準

耐寒性強 2月~
3月上旬
中高木 サクラ(寒緋桜を除く)、コブシ、モクレン、カイドウ、ハナモモ、アンズ、スモモ、ユスラウメ、マン サク、サンシュユ、ライラック、サンザシ、メギ、トサミズキ、ハコネウツギ、ハンカチノキ、ガマズ ミ、ギンドロ、シラカバ(関西では“ジャックモンティー”)、ブナ、マツ、コニファーなど
低 木 バラ、シャクナゲ、ヒメシャクナゲ、コニファーなど
2月下旬
~3月
中高木 ハナミズキ、ヤマボウシ、カリン、ニワウメ、ヒメリンゴ、ハナズオウ、エゴノキ、キングサリ、ナツツ バキ、ジューンベリー、ミツマタ、リキュウバイ、カエデ、ケヤキ、シデ、クルミ、シナノキ、ヒトツバ タゴ(ナンジャモンジャ)、キブシ、モクゲンジ、チャンチンモドキ、ウメモドキ、マユミ、ムクゲなど
低 木 ボケ、ロウバイ、アセビ、レンギョウ、コデマリ、オオデマリ、ヒペリカム、オウバイ、キソケイ、ウツ ギ、アマビリス、ジンチョウゲ、アジサイ、シモツケ、サンショウ、ニシキギ、ブッドレア、ハギ、ムラ サキシキブ、フジ、ノウゼンカズラ、スイカズラなど
耐寒性中 3月 中高木 ツバキ、サザンカ、アカシア(ミモザ含む)、カイノキ、カキノキ、クロバナロウバイ、アメリカリョウ ブ、フランクリニア、モクセイ、ゲッケイジュ、モッコク、トベラ、モチノキ、カナメモチなど
低 木 センリョウ、ナンテン、ユキヤナギ、ヤマブキ、落葉ツツジ、グミ、フヨウ、ホーリー、ピラカンサ、オ リーブ、シャリンバイなど
耐寒性弱 3月中旬
以降~
4月中旬
中高木 ブラシノキ、ユーカリ、イチゴノキ、サルスベリ、ザクロ、クスノキ、ヤマモモ、タイサンボク、オガタ マノキ、アッサムニオイザクラ、シマトネリコ、シイ、カシなど
低 木
鉢 物
アベリア、常緑ツツジ、アザレア、ギンバイカ、トキワマンサク、エリカ、カルーナ、ボローニア、 キョウチクトウ、ジャスミン、カリアンドラ、ブーゲンビレア、ユーフォルビアなど
4月 中高木
鉢 物
コバノセンナ、ネムノキ、ヘーベ、タイワンツバキ、アメリカデイゴ、ハゴロモノキ、ジャカランダなど
低 木
鉢 物
クチナシ、マンリョウ、ランタナ、デュランタ、アブチロン、ルリマツリ、レオノチス、ブルグマンシ ア、コンロンカ、ボタンクサギ、フクシア、ハイビスカス、ライスフラワー、ソラナムなど

植え付け方法とワンポイントアドバイス

基本的な植え付け方法を図1に示します。

  1. 十分な大きさの植え穴を掘ること
  2. 腐葉土やバーク堆肥を十分に混ぜ合わすこと、肥料は施さないこと
  3. 根鉢はしっかり付けること(土をふるわない。ゴボウ根にしないこと)
  4. 不要な枝は剪定すること
  5. 支柱でしっかり固定し、風で動かないこと
図1 基本的な植え付け方法

営農部  土師 利和
広報誌「なごみ」2011年2月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.