JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2010.12.15 更新

園芸作物の冬季防寒対策について

 

12月に入り、寒さが強まり、気温が下るにつれて、作物の生育は緩やかになるとともに、季節風により倒伏や低温による生育障害、霜害が起こりやすくなります。このため、作物を冬の寒さから守るためには、被覆資材の活用や適切な対策をとることが大切です。

1.被覆資材を用いる方法

(1)プラスチックフィルム

これには、農業用塩化ビニールフィルム(農ビ)、農業用ポリエチレンフィルム(農ポリ)等があります。

使用方法としては、支柱を立てて、半円形に覆います。密閉すると通気性がないため晴天の日中は真冬でも高い温度(30℃以上)が得られますので、発芽・生育促進やとう立ち防止(だいこん等)などに役立ちますが、温度管理に注意しないと高温障害が出ることがあります。なお高温障害を回避するためには、トンネル内の温度を25℃以上にしないように換気をしてやることが大切です。(図1)

図1 ビニールトンネルによる保温と換気法
(2)不織布

これは、合成繊維を織らないで、布のようにしたもので、軽く、通気性、透水性があり、テクテクなどの商品名で販売されています。

使い方によって温度調整(高温抑制・保温(フィルムほどの効果はない))、土壌水分の保持、霜害防止、防風、害虫の侵入防止等があります。特にプラスチックフィルムと異なり通気性があるため昼間高温にならず、換気の手間が省けます。また、軽いため直がけを行うと支柱が不要になり、経費が少なくて済みます。(図2)

図2 不織布の使い方

2.作物別対策

  1. ほうれんそう、こまつな等軟弱野菜 … 霜や風が当たると葉が傷むので、不織布のべたがけで防寒します。なお、生育促進を主体にする場合は農ビでトンネルをします。
  2. はくさい、カリフラワー … 外葉で結球全体を包むように、ひもで縛っておきます。(図3)
  3. だいこん、にんじん … 根が地上部に露出していると寒害を受けやすいので、首の部分が隠れるように土寄せを行います。
  4. ネギ … 葉が折れないうちに、株元に土寄せをするかモミガラをかけます。
  5. エンドウ … 防寒、防風のため、畝に葉のついた笹竹や支柱を立て稲ワラなどをぶらさげます。(図4)
図3 はくさいの結束状況、図4 笹竹の防寒

営農部  橋本 忠幸
広報誌「なごみ」2010年12月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.