JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2010.04.15 更新

作物ゴマの栽培

 

ゴマは干ばつに強く、俗に「日照りゴマ」といわれるほどで、日照りの多い天候を好みます。

1.栽培のポイント

  1. 年中で一番高温、多照の時期に生育させる。
  2. 極端な多湿地や酸性土壌以外は可能ですが壌土や埴壌土で耕土が深いところでよく育ちます。
  3. 連作すると生育が悪くなり、立枯病などの発生が多くなります。

2.作型と品種(図1)

種子の準備:
品種は種皮の色から白、茶(黄・金)、黒で品質は茶、黒、白の順になります。
図1 ゴマの作型と品種

3.畑の準備

播種の10日前には10m2あたり堆肥10~15kg、苦土石灰1~1.5kgを施し、通気、保水、排水のよい状態にしておきます。

播種の数日前に化成肥料(16−10−14)500g、ヨウリン500gを全体に施し、幅45~60cmの畝を作ります。

4.播種

適期は地温が20℃以上で、播き幅12~15cmの溝を切り10mlあたり13m程度播種します。(砂と混合して播くと便利です)、覆土は3mm程度で平くわ等で丁寧におさえます。

5.間引き

1回目草丈7~10cmで株間約10cm、2回目その後約2週間で株間15~25cmにしますが、肥沃地では広く、やせ地や遅まきでは狭くします。

間引きのとき、中耕、除草、土寄せをしますが、生育のよくないときは2回目の間引き後に追肥を行います。

6.収穫

下葉が黄変し、下の方の莢が2~3個開き始めた頃、朝露のある朝か夕方、多湿な曇天の日に根元から刈り取り束にし、シートなどを敷き、穂先を上にして立てかけ乾燥を行います。

落としたゴマ粒は風選してゴミなどを除き、4、5日間日干し仕上げをして貯えます。

営農部  本田 隆志
広報誌「なごみ」2010年4月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.