JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2010.03.15 更新

果樹モモの初期管理

 

冬から春にかけて、摘蕾・苗木の春植え・移植の作業は遅れていませんか?

摘蕾は、作業が遅れると、花芽が取りにくくなり、葉芽を傷つけないようにと、作業効率が上がりません。新梢の生育に大きな影響を与えますので、摘蕾が遅れると摘花作業になります。摘蕾は行わないより、行った方が初期生育に大きな効果が出ます。

苗木の秋植えが出来なかった場合には、春植えを行いますが、この「なごみ」が手元に届く頃にはすぐに植えてください。植栽方法については、「なごみ」に何回か掲載されていますので参考にして下さい。2~3年生の木を移植される場合にも早めにお願いします。春植え・移植の場合には初期生育が遅れがちです。葉色・新梢の伸びなどを見て、生育が悪いようですと、葉面散布などで生育を促してやりましょう。

潅水は出来ていますか?

春は秋以上に新根が伸びてきます。土壌中の水分不足は、養分の吸収が妨げられて、初期生育に悪影響を及ぼします。3~4月にかけての降水量が少ないと、初期生育が悪いので、乾燥するようであれば潅水を行い、初期の新梢の伸びがスムーズになるようにしましょう。

人工受粉は抜かりなく?

昨年は、冬が暖かく桜の開花が早まりましたが、モモの場合には3月下旬の寒さで予想ほど早く開花しませんでした。おかやま夢白桃・白桃・川中島白桃など受粉の必要な品種には、作業が遅れないように早めに準備を進めておきましょう。(表・図)

表   花粉のある品種とない品種(岡山県果樹栽培指針)

花粉の有無 品 種 名
(推奨品種・補助品種・有望品種など)
八幡白鳳・白鳳・清水白桃・日川白鳳・紅清水・ゴールデンピーチ・加納岩白桃・白麗・末木白桃・まさひめ
(その他品種)
さおとめ・ちよひめ・武井白鳳・千曲・都白鳳・あかつき・よしひめ・大久保・長沢白鳳・ゆうぞら・瀬戸内白桃・富田白桃・初秋白桃
(推奨品種・補助品種・有望品種など)
おかやま夢白桃・大和白桃・白桃・浅間白桃・川中島白桃
(その他品種)
あきぞら・西尾ゴールド・陽山白桃・砂子早生
図 受粉・受精に要する日数(農業技術大系)

今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想は、岡山では、3月28日頃と発表されました。これまでの天候と、これからの天候で開花の時期が若干変わりますので、自園の生育状況を細かく観察して下さい。

晩霜対策は十分出来ていますか?

モモの場合、開花から幼果期までは低温に最も弱い時期なので、気象台から発表される気象情報などにも注意を払って下さい。
対策は…

  • 敷わらは地温の放熱を遮断するので、この時期は樹冠下へは敷かない。
  • 敷わらは晩霜の恐れがなくなるまでは広げないようにしておく。また、雑草が繁茂している場合は除草する。
  • 冷気が停滞しやすい園では、防風ネットの裾を開けて冷気を逃がしてやる。

営農部  河田 義一
広報誌「なごみ」2010年3月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.