JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2009.05.15 更新

菜園夏秋トマト(大玉)の栽培ポイント

 

畑の準備

植え付けの1か月前に10m2に対して、堆肥30kg、10~14日前に石灰1.5kg、有機入り化成肥料2kgを前面に施して深耕し、畝をつくります。

定植

購入苗を使う場合は、茎の付け根の太さが8mm程度で、葉色が濃すぎず淡すぎず、下葉まで黄化していないものを選びましょう。第1花房の最初の花が咲いた次期が定植の適期です。遅霜の心配が無くなってから、晴れた日に、深植にならないように注意して定植します。

1条植えで畝幅1m、株間40cm、2条植えで畝幅1.8m、株間40~45cmとします。

栽培管理

1.整枝、芽かき、誘因

主枝を支柱にそって伸ばし、各節から発生するわき芽はできるだけ小さいときにつみ取ります。誘引は各果房の下をひもで支柱に8の字に結んで誘引します。

2.追肥
栄養状態の目安

第1花房がピンポン球大になり、第3果房が開花した頃に追肥を始めます。その後15~20日おきに高度化成肥料を10m2当たり200kg程度施します。ただし成長点(茎の先端)をよく観察して、栄養状態に応じて調整しましょう。

 
3.敷ワラ、かん水

梅雨が明けたら、厚さ6cm以上の敷きワラをして、地温の上昇と乾燥を防ぎましょう。

4.摘果、摘葉

形の悪いものや病気の実は早めにつみ取り、1段の果房に着けるのは4果程度にします。

病害虫防除

病気では、青枯病、疫病、灰色かび病などの発生に注意しましょう。

トマトの新病害「トマト黄化葉巻病」の発生が急増中

「トマト黄化葉巻病」はウイルスが起こす病害で、病原ウイルスを体に取り込んだ「タバココナジラミ」だけが伝染させます。

症状は新葉の縁から緑色が抜けつつ巻き込み、やがて葉脈の間が黄化して葉全体が縮れ、節間が短くなります。

いったん感染しては発病した株は治らず、その後の収穫はほどんど望めません。またその株が感染源になるので、発病株は見つけ次第抜き取って、袋に入れるか土中に埋めて処分しましょう。そのままにすると、自家菜園だけでなく、周囲へ蔓延することになります。

※発病した株からとれたトマトを食べても人体に影響はありません。

タバココナジラミ・「トマト黄化葉巻病」の症状

倉敷農業普及指導センター
広報誌「なごみ」2009年5月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.