JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




営農事業

営農情報

2008.05.07 更新

菜園黒大豆:丹波黒

 

水田営農としての大豆の栽培は大きなウェイトを占めており、国内需要の向上からも大豆栽培は重要です。生産現場においては連作、病害虫の多発等により収穫・品質が低下しています。そのため、品種の特性・ほ場条件を十分検討して取り組むことが大切です。

ほ場の選定

  1. 日照、通風および排水が良く、管理が容易なほ場であること。
  2. 作土が深く、有機物を多く含んだほ場が望ましい。
  3. 地下水位は40cm以下で、50mm/日程度の降水後に24時間経過しても田面に停滞水が認められないほ場を選定する。
  4. 病害虫の常発地は避ける。
  5. 集団栽培が可能な地域であること。

ほ場の準備

土壌改良資材の施用

カリや石灰、苦土の吸収量が多いため、ミネカル等を施用します。

作土深の確保

播種の1ヶ月前位から堆肥・土づくり資材等を施用し、耕起しておきます。その後、天候を見計らって基肥を施用し、畦立を実施しましょう。【表1】

表1   施肥例

(kg/10a)

肥料名 基肥 追肥
8月上旬
成分量
N P K
堆肥 2000        
NK化成   (15) (2.4)   (2.4)
ミネカル 200        
熔燐 30     6.0  
大豆化成 30   1.5 4.5 6.0
合計
(  )内は追肥を含む
    1.5
(3.9)
10.5
10.5
6.0
(8.4)

(注)生育状況に応じて判断する。草勢の強い時は追肥を避ける。

作土深
15cm以上を目標に行いましょう。
畦幅
120~150cm位とし、高さ20cm以上を目標としましょう。
整地
出芽の斉一化・除草剤の効果安定などから均一に細かく砕土しましょう。

播種(直播栽培)

時期
6月10日~20日
播種量
2.0~2.5kg(一粒播き)
種子消毒
ベンレートT水和剤20を乾燥種子量の0.2~0.4%を種子粉衣(又は、鳥害がある場合はキヒゲンR-2フロアブルを20ml/1kgを塗沫処理する)
播種方法
株間40~50cm位とし、手播きか播種機で1株1粒播きとします。
覆土
深さ2~4cm位とし、厚いと発芽が遅れ初期生育が抑えられます。

除草剤の散布

播種直後で土壌が湿っている時に土壌処理剤を散布しましょう。生育期にはナブ乳剤・バスタ液剤(畦間処理剤で大豆の茎葉へ散布すると枯死する)等があります。

栽培管理

土寄せのやり方
摘心
早播きや肥沃地で過繁茂の心配があれば実施しましょう。本葉5~6葉期に4~5葉残して主茎の先端を 摘み取ります。
中耕土寄せ
1回目は本葉3~4枚期頃に子葉節まで実施します。【図1】2回目は1回目の10日後位で5~6葉期に第1本葉節まで実施します。
開花期の追肥
初期生育が劣り、地力の低い所や根粒菌の着生が悪いほ場では開花期に追肥(8月上旬)を実施しましょう。
畦間潅水
開花期から登熟期にかけて7日以上降雨がなく、日中、葉の50%以上が反転するようであれば、夕方涼しくなって畦間潅水を実施しましょう。
 

病害虫防除

近年ハスモンヨトウの他に、モザイク病株の発生・フタスジヒメハムシ等による被害が目立つようになりました。早期発見による防除を徹底しましょう。【表2】

表2   病害虫防除例

※枝豆を予定している場合は、枝豆栽培歴の剤を使用すること。

使用時期 薬剤名 使用料
(/10a薬量)
対象病害虫 使用方法 使用回数
種子消毒 ベンレートT水和剤20 乾燥種子重量の0.2~0.4% 紫斑病 種子粉衣 1回
苗床準備 ダイアジノン粒剤5 90g/16m2 コガネムシ類幼虫、タネバエ 播種時
土壌混和
5回
播種時(直播) ダイシストン粒剤 3~6kg 10a アブラムシ、ハダニ類 株元散布又は播溝散布 1回
4kg 10a フタスジヒメハムシ 播溝散布
7月下旬 アディオン乳剤 3000倍 ジャガイモヒゲナガアブラムシ、マメシンクイガ 散布  収穫21日前まで 4回
開花期~若莢期
(8月下旬~)
ロムダン
フロアブル
2000倍液を150~300L ハスモンヨトウ 散布  収穫14日前まで 3回
  • ※ハスモンフトウは白化葉(幼虫の食害葉)が出始める8月下旬ごろが防除適期です。発生初期の防除が必要です。

収穫・乾燥・選別

収穫
11月下旬頃、茎葉が黄変落葉し爽が褐色になったら実施しましょう
乾燥
地干、架干し、ハウス等で穀粒の水分18%以下まで実施します。
脱穀
ビーンスレッシャーで脱粒します。選粒は、穀粒の水分15%位になったものを選粒にかけ、その後手選別をし、出荷しましょう。

営農部  本田 隆志
広報誌「なごみ」2008年5月号掲載


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.