JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




お知らせ・新着情報

2017.05.15 更新


ジャンボタニシの防除


倉敷市内各地で発生が確認されているジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は、気温の高い初夏から秋にかけて、主に用排水路内で繁殖し、用排水路に沿って生息域を拡大していきます。ジャンボタニシは寒さに弱い生物ですが、用排水路内のジャンボタニシの一部は越冬している可能性があります。代かき時の入水とともに田んぼに入り、田植え直後の稲の苗を食べる被害を出すため、備えが必要です。

対策としては、田んぼへの入水時の侵入防止(水口や排水口への金網・ネットなどの設置)や田植え直後の薬剤散布がありますが、用排水路の泥上げや水草の除去もジャンボタニシの繁殖を抑制する効果があります。

また、田植え前の川掃除では、水路が浅水となり効率的に駆除作業ができます。水流が緩く、泥が多く堆積し、水草が茂っている場所はジャンボタニシの密度が特に高いので、集中的に駆除作業をすると効果的です。

【問合せ先】倉敷市役所 農林水産課 TEL.086‐426‐3425


このページのトップへ


 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2017 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.