JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




活動報告(支部)


2019.03.14 更新

倉敷西ブロック

防災教室で意識を高める RSK「笑味ちゃん天気予報」で紹介

倉敷西ブロック女性部は2月4日、本店別館大会議室で「自分達で防災について考えてみよう」をテーマに防災教室を開きました。

昨年7月の西日本豪雨では、管内の真備地区が甚大な被害を受け、防災への意識も高まるなか、部員約70人がグループに分かれて地域の防災について話し合いました。また、『家の光』7月号の防災ブレスレット作りと、ナイロン袋を使った炊飯や経口補水液といった災害食なども試作しました。参加者は「グループで話し合うことで、色々なアイディアも出て発見があった。もしもの時の準備がしっかりできる」と、さらに防災に対する意識を高める事ができました。最後にJA全農より防災グッズの選び方や使用方法の紹介がありました。

新聞紙で丈夫なスリッパが出来ました

新聞紙で丈夫なスリッパが出来ました

防災ブレスレットを作る部員の皆さんとRSKの小西リポーター(右から2番目)

防災ブレスレットを作る部員の皆さんとRSKの小西リポーター(右から2番目)


この教室は、RSK「笑味ちゃん天気予報」でも放送されました。取材にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

このページのトップへ


 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2019 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.