JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




本部活動報告


2013.04.15 更新

JA岡山西女性部 東北復興支援

JA岡山西女性部は、「みんなで応援!東北復興応援企画 被災地を訪問し、岡山から応援・元気を!東北復興支援」を2月28日から3月2日に実施し、女性部員とその家族64名が参加しました。

JA福島女性部協議会との交流会の様子

『私たちの仲間である女性部員に逢いたい』という思いからこの視察研修が企画されました。その思いは被災地の現状を訴えた家の光7月号の特集を読み、東日本大震災復興への願いをテーマに開催した女性のつどい〜第10回家の光大会〜(10月実施)がはじまりです。大会では被災地の女性部員の『今』を映像で流し、被災地の現状を参加者へ伝えました。

そして、農協観光・旅行センターの協力で東北復興支援が実現いたしました。

視察研修では、福島県のJAすかがわ岩瀬直売所「はたけんぼ」を視察し、野菜・果物及び加工品や手芸品を購入し、福島県福島市の奥飯坂温泉を訪ねました。

奥飯坂温泉では、「私たちの仲間 福島県の女性部へ逢いにいこう」交流会を開催し、JA福島県女性部協議会、JA新ふくしま女性部、JA福島中央会の方が出席をしました。交流会ではそれぞれの女性部の活動報告など意見交換をしました。

「福島県の女性部へ私たちに何かできないだろうか」とチャリティバザーの開催、イベントの売上金の一部募金、毎年開催しているウォーキング大会をチャリティーウォーキングするなど、さまざまな支援をおこなってきました。

交流会当日義援金としてJA福島女性部協議会へ20万円、そして女性部手作りの味噌、桃のシラップ漬、JA岡山西特製ミサンガ人形ストラップ、エコたわし、マフラーを贈呈しました。

JA福島女性部協議会との交流会の様子

JA福島女性部協議会との交流会の様子

JA福島女性部協議会へ義援金と加工品などを贈呈

JA福島女性部協議会へ義援金と加工品などを贈呈


また津波の被害が大きかった沿岸部の宮城県亘理町(わたりちょう)をバスで移動しながら視察し、JAみやぎ亘理女性部木村部長と、農協観光仙台支店沢石支店長から震災当時の様子、復興状況の説明がありました。その後、亘理町荒浜地区慰霊碑、名取市日和山公園(慰霊碑)を訪れ鎮魂と復興を願い女性部員が折った千羽鶴を献納しました。そして献花台に花を供え、犠牲者を追悼し、参加者らが手を合わせました。

今回の東北復興支援では、震災の被害を受けた女性部員が多いなか、被災地にいる方々の明るく前向きな姿勢と力強い熱意を見て、女性部員も元気をいただきました。

この企画は福島県、宮城県の女性部、そして県内外のJAグループが協力して実施されました。

JA福島女性部協議会大川原会長の『私たちに逢いにきてほしい。その現状を見てほしい』そのメッセージからつないだ絆。

JA女性部の絆、そしてこれからも被災地を忘れず復興への支援を続けていきたいと誓いました。

復興状況の説明

復興状況の説明

名取市日和山公園慰霊碑へ千羽鶴を献納

名取市日和山公園慰霊碑へ千羽鶴を献納



このページのトップへ


 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2019 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.