JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




地域の話題

2019.11.15 更新

米収穫シーズン始まる くらしき東管内くらしき東


くらしき東管内では、10月初旬から11月初旬にかけて水稲の収穫時期を迎え、各地域で刈取り作業が行われています。乾燥調整施設「茶屋町ライスセンター」でも10月10日から稼働を始め多くの生産者の方々が収穫した籾を搬入しました。

また、10月11日から米検査も始まりました。


出荷米の検査を行う農産物検査員(茶屋町)

出荷米の検査を行う農産物検査員(茶屋町)

荷受けの様子

荷受けの様子


本年の生育は、籾の充実に重要な期間である出穂後の20日間は、近年にない晴天に恵まれ、今年は豊作になると期待をされていましたが、8月下旬からセジロウンカが発生し、その後もトビイロウンカがくらしき東管内全ての地域で発生して坪枯れの被害が見られました。

そのため、米の検査では、ウンカの吸汁加害による充実不足で品質・収量の両面に影響を及ぼしました。


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西についてマネー・ローンダリング等及び反社会的勢力等への対応に関する基本方針個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針
金融商品の勧誘方針内部統制システム基本方針お客さま本位の業務運営に関する取組方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2019 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.