JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




地域の話題

2018.09.14 更新

総社のモモ 台湾へ 総社もも生産組合吉備路


総社もも生産組合は8月5日から、台湾へモモを輸出しています。

台湾への輸出は、平成24年より行われており、岡山県産のモモは高級贈答用として人気があり、輸出された品種は岡山県の奨励品種「おかやま夢白桃」「白麗」や、総社独自の「陽だまりの詩」などです。


一玉ずつ入念に行う出荷前検査

一玉ずつ入念に行う出荷前検査

箱詰め作業でもさらに確認します

箱詰め作業でもさらに確認します


台湾では、検疫条件が厳しく、組合ではモモシンクイガの侵入を防ぐため防除体系の徹底、トラップの設置などの対策を実施しています。また、選果には、登録研修を受けた選果技術員により、一玉ずつ確認しながら箱詰めを行い、検疫検査を通過し輸出されます。

生産者は、「選果選別作業は、通常以上に労力がかかり大変だが、高品質でおいしい総社のモモを海外の消費者に知ってもらいたい」と話していました。



このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2018 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.